足のにおいは、強烈!

足のニオイって強烈です。体の他のどの部分よりもにおうと思いませんか?
靴を脱いだ時のあのにおい、思わず「臭っ!!」ってなります。

 

汗をかいてもあまりにおいがしない人でも、足のにおいは臭い。
そんなことも多いです。

 

どうして足はにおいやすいのでしょうか?
足が臭くなる原因や理由と対策、臭いを消す方法をご紹介します。

 

足の臭いの原因は汗と角質と靴

 

足の臭いの理由は、汗、角質、靴の3つです。

 

足の裏は汗腺が多く、体の中でも特に汗が多くかきます。
1日にかく汗の量は、コップ1杯分とも言われています。

 

足の汗を放置しておくと皮膚常在菌によって分解され、脂肪酸となりにおいを発生します。

 

また、足の裏は体の他の部分よりも角質が厚く、新陳代謝や摩擦などで剥がれ落ち、大量の垢となります。この垢が常在菌の栄養分となり、まますます繁殖し、さらに皮脂腺からの分泌物が混ざることで余計に臭いが強くなります。

 

靴をはいていると足は密封状態になるため、温度は上昇し蒸れて湿度が高くなります。これが常在菌が活動するのに最適な環境になります。
また、足が蒸れると角質ははがれやすくなり、細菌の栄養分をどんどん補給することにもなります。

 

足は、汗をかきやすく、菌のエサとなる角質が多い、また密封状態で菌の活動に最適な環境であるという条件がそろっているのでにおいやすくなります。

 

 

足の爪も臭いの原因です

足の臭いの原因は汗だけではありません。
足の爪も臭いを発します。

 

特に爪を長く伸ばしていると、爪と皮膚の間に隙間ができますね。
ここにほこりや垢(古くなった角質)などがたまります。また、爪の両端にもたまりやすいです。

 

足は汗を多くかきますし、靴下や靴を履いて蒸れている状態だと、細菌が繁殖しやすく、爪につまった角質も最近のエサとなり、分解され臭いを発生します。

 

足の爪の間も、ほこりや垢を取り除き、キレイにしておくことが足の臭いを消すのには大切です。

 

 

足の臭いを消す方法、解消法/h4>

足のにおいが気になる季節は、夏よりもむしろ冬です。
冬はブーツなど蒸れやすい靴を履くことが多いからです。
足の臭い対策には、次の5つことに気をつけましょう。

 

汗を抑える

 制汗スプレーやクリームなどを足の裏、指の間に塗り汗を抑えます。塗った後、靴をすぐにはかず、しっかり乾かしてから履きましょう。
また、靴の内側に防水スプレーをすると、足の汗が靴にしみにくくなり、靴の湿気を防ぐことができます。

 

足は皮膚が厚いので、脇などの他の部分より濃度の濃い手足専用の制汗剤を使うのがおすすめです。

 

>>足の汗を抑える制汗剤はこちら

 

蒸れを防ぐ

素足でなく、靴下やストッキングをはく。
汗をかいたらすぐに履き替える

 

消臭スプレー、シート

靴を脱いだときや臭いを感じたときにケアします

 

吸汗性のある中敷を使う

吸汗性のある中敷(インナーソール)を使うと、足の蒸れを軽減してくれます。インナーはいくつか用意し、使用後は乾燥させます。

 

靴の臭いを消す、防ぐ

1日履いた靴は汗がしみこんでいます。
そのままにしておくと靴が臭いの原因となってしまうので帰宅後のケアが必要です。

 

脱いだ靴はスプレータイプの抗菌剤、消臭剤を噴射し、乾燥させます。
一日中履いていた靴は、乾燥剤を入れて陰干しします。

 

靴は、毎日はかず、できれば2日は休ませるようにします。靴についたニオイや雑菌を除去するためです。
十円玉をひとつずつ靴の中に入れておくと、金属の消臭効果でにおいを除去する効果があります。

 

また、エコな洗剤として色々使える重層も消臭剤となります。いらない布などで重層を包んで輪ゴムで留めれば消臭剤のできあがり。
靴の中にいれておけば、臭いを吸収してくれます。

 

足の臭いの最大の原因は「蒸れ」です。
1日に何回かは靴を脱いで蒸れを防ぐ、汗をかいたらこまめに洗ったり拭くことが、臭いを防ぐ方法です。