便が臭い なぜ?便臭の原因は?

 

便が臭くなる理由は、便秘や宿便、つまり便が腸の中で停滞することです。
便が腸内に長くとどまると、悪玉菌によって腐敗が進み、臭いがきつくなることにあります。

 

また、早食いも便臭の原因のひとつです。

 

唾液の中には酵素が含まれています。
口の中でよく噛んで食べると、酵素による分解が円滑に行われてから食べ物が胃の中に入ります。
早食いをすると酵素分解が行われずに、消化不良をおこし、腐敗材料となってしまいます。

 

便が臭くなると、おならも臭くなることが多いです。

 

特に、タンパク質や脂肪分の多い食べ物を摂取すると、体内で分解される際にニオイ成分が発生します。
腸内に悪玉菌が増えてしまうと、おならはさらに臭くなります。
便やおならの臭いは健康のバロメーターです。

 

また、便秘でなくても過敏性腸症候群の人は便やおならの臭いのトラブルを抱えている場合があるようです。
過敏性腸症候群は腸管の異常や中枢神経の知覚異常が原因と言われており、満員電車に乗っているときや会議などの緊張する場面に遭遇すると便がしたくなったりおならがとまらなくなる症状が出ます。
おならも普通より臭いがきつくなります。

 

便臭を改善するには?

便臭やおならを改善、予防するために大切なのは、腸内環境をよくすることです。

 

腸内環境をよくするには、つまり便秘にならないような生活を心がけることです。
和食中心、肉類を減らす、食物繊維を多くとる。。。。など

 

食事のほかにも、自律神経を安定させるようにリラックスを心がける、過度なストレスを避ける、普段から適度な運動をするなどの心がけが大切です。
水を多めに飲むこともよいですね。

 

便秘対策をすることでおならや便の排出がスムーズになり、臭いも気にならなくなります。

 

便臭を改善する食べ物は?

便臭を改善するには、乳酸菌の多く含まれるヨーグルトやぬか漬けなどの発酵食品が効果的です。

 

また、ココアには整腸作用があるため、定期的に飲むとよいでしょう。

 

コーヒー豆に含まれるマンノオリゴ糖にはビフィズス菌が含まれており善玉菌の増殖効果があります。

 

また、食物繊維を意識的に多くとることも大切です。メカブやもずくなどのぬるぬる食品、納豆もよいですね。

 

食生活に気を付けていても、便臭やおならの臭いが気になって仕方がない。。。。という場合には、体臭サプリメントの飲むという方法もあります。食生活の改善では、すぐに便臭解消というわけにはいきませんが、サプリメントなら早いと3日ほどで効果が感じられるものもあります。
便臭が消えた、少なくなったと実感できれば、ストレスも少なくなり、好循環です。

 

>>便臭におすすめのサプリはこちら