加齢臭はなぜ発生するの?原因は?

 

なぜ、年をとると加齢臭が発生するんでしょうか?

 

加齢臭の原因物質は「ノネナール」というもの。

 

人には肌の潤いをたもつための皮脂を分泌する皮脂腺があります。
年をとると、この皮脂腺の中のパルミトオレイン酸という脂肪酸と過酸化脂質という物質が増加します。

 

この2つ(パルミトオレイン酸と過酸化脂質)が結びついて、分解、酸化されてできるのが「ノネナール」。
これが加齢臭が発生するニオイの原因です。

 

加齢臭は何歳くらいから?

 

40代以降の男女ともに加齢臭が発生すると言われています。

 

女性のほうが男性よりも過酸化脂質を作る活性酵素の発生が少ないため、加齢臭が発生するのも遅い傾向があります。

 

また、加齢臭の発生は、生活習慣とも大きく関係します。

 

食べ物は肉が好き、お酒をよくのむ、たばこをすう、運動不足。。。このような生活習慣を続けていると、皮脂腺の脂肪分が増えていきます。

 

それに伴い、加齢臭の原因物質であるノネナールの量も増えます。

 

また、ストレスも関係します。
ストレスをためればためるほど体内に活性酵素が大量に発生します。
すると、ノネナールを発生させる物質のひとつ「過酸化脂質」が増加してしまいます。

 

加齢臭が何歳から発生するかは個人差があります。
ノネナールが発生しやすい生活習慣をもっていると、若い人でも発生することがあります。

 

加齢臭ってどんな臭い?

加齢臭のもととなるノネナールは、「ろうそく」や「図書館(古い本)」、「青臭いチーズ」のようなにおいと言われています。

 

実際に「加齢臭」というと、ノネナールのにおいに加えて、頭皮や口臭、汗やワキのにおい、足のにおい、たばこ臭など個人特有のにおいが混ざってできる、不快に感じるにおいのことを指しているようです。

 

>>加齢臭をチェックする方法はこちら

 

加齢臭を予防する食べ物、食事

 

加齢臭を予防するには、元になる活性酵素を抑制することが大切です。
抗酸化作用のある食べ物は、活性酵素を退治してくれます。
たとえば、ビタミンCやE、カロチンなどです。

 

食事の基本は、和食にします。
主食はできるだけビタミンEを多く含む玄米や胚芽米などの未精製の穀物にします。

 

おかずには、魚介類や海藻、野菜、豆腐、豆類を意識して取ります。
特に、みそや豆腐などの大豆製品には抗酸化作用のある物質がたくさんふくまれています。
また、ビタミンCが多く含まれている野菜やフルーツを食べるようにします。

 

肉類はできるだけ控えます。
肉は、脂肪酸の分泌を高めて、加齢臭増加の原因となります。

 

 

加齢臭とストレスの関係

 

加齢臭原因ノネナールを作る過酸化脂質は、体内に活性酵素が発生することで増加します。
この活性酵素が発生する最大の原因が、ストレスです。

 

自分がにおうのではないかと気にしすぎることもストレスになります。

 

自分のにおいが気になる⇒ストレスを感じる⇒活性酵素が発生⇒過酸化脂質が増加⇒ノネナールが作られる⇒加齢臭が増加⇒自分のにおいがますます気になる

 

というように、気にしすぎると悪循環が生じます。

 

においのことを気にしすぎず、ストレスを上手に解消することも加齢臭予防には大切なことです。

 

加齢臭対策グッズ

 

食事対策をしたけど加齢臭が気になるなら、加齢臭対策グッズを利用するのもいいと思います。

 

加齢臭対策グッズにはいろいろあります。
石鹸、ボディーシャンプー、ローション、汗拭きシート、わき用汗取りパット、シャツなどの衣類、スプレーなど。
これらを必要に応じて、組み合わせて使います。

 

また、加齢臭対策のサプリを飲むことも有効です。

 

実際に、サプリメントで加齢臭が抑えられたと効果を感じている人も多いです。

 

また、サプリを飲むことで「自分がにおっているかも」と感じるストレスが軽減されることも、加齢臭対策にはとても有効です。

 

>>おすすめ加齢臭サプリ