口臭の原因と改善策

 

口臭の主な原因は、唾液の分泌と病気

口は人の体で最も多くのものが出入りする場所なので、どうしても臭いが発生しやすくなります。

 

口臭の原因はいろいろあります。

 

主なものは、唾液の分泌が少なくなることと病気によるもの。

 

唾液に含まれるリゾチームという酵素には、殺菌を殺す働きがあります。この酵素が口の中の雑菌の繁殖を抑え、口臭を防いでくれます。

 

朝起きたときに口臭がするのは、寝ている間は唾液の分泌が少なくなり、殺菌力が低下するからです。また、食べかすなどが分解、発酵され口臭が発生します。

 

食べ物をよく噛まなかったり、朝食を抜いたりすると唾液の分泌が少なく、口臭の原因になります。
また、口呼吸は、口の中が乾きやすくなります。
コーヒー、アルコールなどの飲み物、たばこは口の中の環境を酸性化するため、雑菌が繁殖しやすくなります。

 

もうひとつの口臭の原因が病気によるもの
胃腸に病気があると、食べ物が十分に消化されず体内で異常発酵します。
肝臓に問題がある場合も、におい物質十分に分解されず、口臭の原因となります。

 

蓄膿や鼻炎など鼻の病気も口臭の原因となります。

 

また、虫歯や歯周病など口の中の病気も口臭の原因となります。

 

口臭を改善する方法(食べ物やサプリ)

 

歯磨き

口の中には何億個という雑菌が住んでいます。人の体の中でもっとも雑菌の多い場所です。雑菌は食べ物のカスを餌として歯石や歯垢となり、虫歯、歯周病を引き起こして口臭の原因となります。

 

これを防ぐには、食後にしっかり歯磨きをすること。外出先で歯磨きができない場合は、口をゆすぐだけでも違います。

 

また、舌の表面についている白いもの「舌苔(ぜったい)」が多くなりすぎると口臭の原因となります。舌苔が増加する原因は、胃腸の機能低下です。
舌を磨くときは、ガーゼやタオル時のハンカチを指に巻いて、やさしくこすります。歯ブラシで磨くのは舌の表面を傷つける原因となります。

 

口臭を改善する食べ物・飲み物

 

すっぱい梅干しは、唾液の分泌を促す作用、強い抗菌作用があります。そのため、梅干しを食べることによる大量の唾液と抗菌作用で口の臭いを予防する効果が得られます。
抗菌作用の強い緑茶も、口臭改善に役立ちます。

 

また、メカブには、肝臓の機能を強化する成分のフコイダンや、腸のにおい物質を便や尿と一緒に排出する働きがあるアルギン酸が多く含まれています。

 

ニンニクやにらなど臭いのつよい食べ物を食べた後には、牛乳を飲むとにおい消しになります。
牛乳が胃に入ると、胃酸に反応して半固形状の脂肪膜に変わります。、この脂肪膜がニンニクを包み込んで、胃からにんにくの臭いが上がりにくくなり口臭をっ改善してくれます。

 

 

サプリで口臭改善

口臭は唾液の量や食べ物、病気などいくつかの原因が重なった起こることが多いです。

 

原因をひとつひとつ改善していくことも大切ですが、食べ物や病気の改善はすぐにできるものではありません。
口が臭うかもって感じたら、すぐにどうにかしたいですよね。

 

そんな時に有効なのがサプリメント。

 

ガムやミントはあくまでもいい香りを出すもの、つまりフレグランスです。
嫌な臭いを抑えてくれるわけではありません。

 

消臭効果のあるサプリメントなら、嫌な臭いに直接働きかけて抑えてくれます。

 

食べ物や病気など口臭の原因をひとつひとつ改善しながら、嫌な臭いはサプリで消すがおすすめです。

 

>>口臭を元からケアしてくれるサプリはこちら