体臭改善したい、体臭を消したい。。。。
どうにか体臭を抑える方法はないのかとさがしているとおすすめ!として出てくるのがミョウバンスプレー。

 

みょうばんには汗を抑え制汗作用と、臭いを抑える働きがあるようです。

 

どうしてミョウバンは体臭改善に効果があるのか?ミョウバンで体臭改善する方法、そして簡単にできるミョウバンスプレーの作り方をご紹介します。

 

 

ミョウバンに体臭を消す効果がある理由

 

1.水に溶けると酸性になる。
体臭は皮膚表面にある雑菌が汗の成分を分解することで発生します。皮膚の表面が酸性だと、雑菌の繁殖が抑えられ、その結果臭いを抑えてくれます。

 

2.収れん作用(制汗作用)がある。
ミョウバンには制汗作用があり、汗を抑えてくれます。
ニオイの原因となる、汗を抑えることで、体臭を防いでくれます。

 

 

3.ミョウバンには消臭作用があります。
ミョウバンには、皮膚の上で作られたニオイそのものを消臭する作用があります。
ミョウバンに含まれる様々な金属が、酸化還元反応して金属消臭してくれます。また、ニオイ成分が中和され消臭効果があります。
 特に、消臭効果があるのが、アルカリ性のニオイ成分であるアンモニア臭に対する消臭作用。そのためミョウバンは汗くささを抑えるのにはとても効果があります。

 

 

ミョウバンで体臭を消す、体臭予防する方法

 

ミョウバンの粉末を脇の下にそのまま塗っても体臭予防する効果はありませうが、ミョウバンを水に溶かして酸性にしたものをスプレーするとより効果が高いです。

 

ミョウバン水の作り方

 

市販のミョウバン(ドラックストアなどで買えます)50gを1.5リットルのペットボトルに入れ、水を注いで蓋をしよく振ります。

 

ミョウバンが溶けない場合は、そのまま1日置いておくと溶けて透明の液体いなります。

 

より消臭作用を強くするには、水ではなく濃いめの緑茶で溶かします。
緑茶にふくまれるカテキンには強い植物消臭作用があり、ミョウバンとの相乗効果が期待できます。

 

ミョウバン水の作り方は簡単ですが、材料を買ってきて、溶かして、、、と手間がかかります。作った後も、早めに使い切るなど管理も必要です。
それが面倒に感じてしまう方は、市販のミョウバン水を使うといいでしょう。
通販でも購入できます。

 

>>楽天ランキング1位獲得の夏のにおい対策ミョウバンスプレー

 

 

ミョウバン水に使い方

 

ガーゼに浸して、脇をふく。
スプレー容器に入れ、直接皮膚にスプレーする。
皮膚にスプレーした場合は、水が蒸発して表面にはミョウバンが残るため、皮膚が弱酸性に保たれ、消臭効果があるのでおすすめです。。

 

 

ミョウバン水この原液は冷蔵庫の中に保存するなら、1ヶ月近くもちますが、100円程度のものですから1〜2週間に1回程度新しいものを作るのがよいでしょう。

 

さらに、原液を30〜50ccくらいお風呂に入れて、ミョウバン浴をするのもよいでしょう。ニオイだけでなく、子供のあせもやアトピーにもよいようです。ただ、あまり濃くすると酸性の作用でお風呂の金属が傷むことがありますので注意しましょう。

 

ミョウバンは最も古く、最も安く、最も身近で安全なデオドラントです。

 

ただし、なんでもそうですが、いくら安全と言っても体全体にスプレーしたり、顔に吹き付けたりはしないようにしてください。
汗をを抑えるということは、発汗作用を抑制して体温調節に影響することもあります。また、人によってはかぶれることもありますので、自分の皮膚にあった濃度のものを使用することも大切でしょう。