口臭の原因となるにおい玉とは?

口の中、特に喉の奥のほうから、臭いがする。。そんな風に感じたら、それはにおい玉のせいかもしれません。

 

においだまは正確な名称を「膿栓(のうせん)」といいます。

 

病気ではなく、わかりやすく言うと食べ物のカスや細菌、白血球などの死骸のかたまりです。
扁桃腺に開いた穴にカスがつまり腐敗することで悪臭を放つ「におい玉」が発生するのです。

 

なんだか喉がゴロゴロする、異物感がするといった異変を感じたら、におい玉がついている場合があります。

 

うがいをするとのどからポロポロと白いカスがとれることがあります。
それがにおい玉です。

 

ピーナッツ片ほどの小さなものから、米粒大のにおい玉が集まって大きな塊になったものまでにおい玉のかたちは多様です。指先で軽くつぶすと、口臭を凝縮させたような強烈なにおいを発します。

 

扁桃腺の形は人それぞれです。
よってにおい玉ができやすい人とそうでない人がいますが、ほとんどの人は知らず知らずのうちににおい玉を持っているはずです。気付かずに飲み込んでしまっても身体に害はありませんが、口臭の原因となりますので予防したいですよね。

 

におい玉をとる方法は?

におい玉は喉の奥にありますので、耳かきや綿棒などでむりやりほじくり出すことはやめましょう。
喉に傷がついて腫れてしまうことで炎症をおこし、思わぬ病気をひきおこすことがあります。

 

におい玉を取るには、やさしくうがいをしましょう。
のどの奥まで水を入れて、うがいをします。
喉をエヘンとならしたり、喉の奥を振るわせて、扁桃腺のくぼみからにおい玉を取れやすい状態にしてからシャワーをあてても効果的です。

 

それでも取れない場合は耳鼻咽頭科で膿栓吸引をしてもらいましょう。

 

 

におい玉を予防する方法

風邪をひくと必ずといっていいほど扁桃腺が腫れてしまうという人は要注意です。
風邪のウイルスや細菌の死骸がたまるとにおい玉が増えます。

 

また喫煙もくさい玉の要因になりますので、風邪をひかないようにする・たばこを控えるなどの対策をとることでにおい玉を予防できます。

 

お風呂に入って身体があたたまったときに、シャワーで喉の奥にぬるま湯をかけることも効果的です。
水圧で扁桃腺にたまった食べ物のカスなどが除去されるため、におい玉ができにくくなります。