入浴で体臭改善できるの?

 

お風呂で感染汗腺トレーニングすることは、体臭改善になります!

 

夏でもエアコンの効いた部屋で過ごすことが多く、汗をかく機会がすくなくありませんか?

 

このような環境にいると、暑い時期でも汗をかく機会が少なくなり、汗腺の機能が低下してしまいます。

 

 

汗腺の機能が低下すると、老廃物や角質が感染にたまり、急に汗をかいた時に一緒に排出され、においのもとのになります。

 

またこの様な汗は、濃度が高くベタベタとして蒸発しにくいです。
ミネラル分を多く含んでいるため、皮膚表面がアルカリ化しやすく、菌の繁殖しやすい状態となり、汗のにおいを強くします。

 

 

これを予防するには「しっかり汗をかくこと」が大切。

 

お風呂でしっかりと汗をかくことを2−3週間続ければ、汗腺の働きが活発になり、いい汗をかけるようになりますよ。

 

 

体臭改善に効果がある入浴方法

 

1、高温で手足入浴。
湯船の1/3〜1/4に少し暑めのお湯を入れつかります。
この時に、ひざから下とひじから先が湯船につかるように入り、10−15分入浴します。

 

2.1が終わったら湯船に水かぬるま湯を足して36度くらいにし、10−15分ほどつかります。
この時に、コップ1杯のお酢を湯船に入れると、発汗作用がさらに促され効果的です。

 

この方法を最低1週間、できれば2週間続けてください。
日がたつごとに汗腺の機能が高まり、徐々に気持ちのいいサラサラの汗をかけることが実感できますよ。