体臭と食事は関係ある?食事で体臭は改善するの?

 

体臭と食事は関係があります。

 

例えば、肉を多く食べる欧米人は体臭が強いですよね。

 

体臭の原因のひとつが肌から分泌される脂肪や皮脂。
肉や乳製品など動物性脂肪を多く含む食品は、脂肪や皮脂を分泌するアクポリン腺や皮脂腺などの働きを活発にすると言われています。

 

また、動物性脂肪やたんぱく質などは、大腸で細菌によって分解され腐敗し、様々なにおいのもととなる物質を作り出します。

 

肉などにおいの原因となる食べ物を多く食べない人でも、体内環境が低下していると、食べた物が腸内で異常発酵してにおいの原因となる物質を発生させます。

 

その他には、肝臓には、腸からのにおい物質を分別して体外に排出する働きがありますが、機能低下していると十分に働かず、におい物質を排出することができません。するとにおい物質は、血液と一緒に体内を巡り、毛穴から汗と一緒に出て体臭の元となったり、息にまざって口臭となったりします。

 

体を清潔にしているのに臭いが気になる場合には、食生活を変え、体の内側から改善することが必要となります。

 

具体的には、体臭の発生の原因となる食べ物を控えること、腸内環境を整えること、肝臓機能を整えにおい物質をしっかりと対外へ排出することが必要です。

 

体臭改善のため避けたい食べ物と改善に役立つ、積極的にとりたい食べ物を紹介します。

 

体臭を改善するために避けたい食べ物

・肉類、チーズなどの動物性タンパク質
・バター、ラードなど動物性脂肪
・ニンニク、たまねぎ、ネギ類、ニラ、パクチー、キムチなど臭いが強い食べ物。
・アルコール
・コーヒーよりも緑茶
・インスタントラーメンなど食品添加物を多く含む食品

 

食べ物ではないですが、たばこも体臭の大きな原因になります。

 

 

体臭改善に役立つ食べ物

・メカブ
 メカブには、においの原因となる物質が尿や便と一緒に排出されるように仕分けをするのを助けてくれる成分が含まれています。この成分が不足すると、においの原因物質が体内を回り、体臭の原因となります。

 

・ヨーグルト
腸内の善玉菌と悪玉菌のバランスを整えてくれます。
腸内で食べ物が悪玉菌に分解されると、アンモニア、アミンなどが作り出され、体臭の原因となります。

 

・食物繊維
食物繊維は、腸内で悪玉菌を体外に排出する働きがあります。悪玉菌が食べ物を分解する際にできたにおいの原因となる物質なども吸着して
便として排出するるの助ける働きがあるため、体臭予防に役立ちます。

 

 

 

肉類を減らしたり、善玉菌を増やす食品を積極にとるなど、食生活の改善ですることで体臭が改善される場合も多いです。

 

ただ、食事を変えたからといってすぐに体臭が改善されるわけではありません。
自分の臭いがきになるのなら、食事で体の内側から改善しつつ、サプリメントを飲むのが、ストレス軽減にもなり、おすすめです。

 

>>体臭改善に役立つサプリメントはこちら