体臭とわきがの違いは?

体臭は体全身からする臭いで、人によって個人差があります。
また、女性は女性ホルモンのバランスによって臭いが変わったりしますし、日々食べるものによって臭いが変わったりしますので同じ人でもそのときの状態によって変化するものです。

 

しかしワキガは、発する人とそうでない人がいます。
脇にはアポクリン汗腺という汗腺がとても多く存在しており、ここから分泌される汗がワキガの原因になります。
この汗にはアンモニア、タンパク質、脂質などの成分が含まれていて、皮膚に存在する雑菌が繁殖しやすく、その発酵臭がワキガ独特のニオイとなります。

 

アクポリン汗腺は人によって大きさが違い、発達していない(あまり働いていない)人は、ワキガにはなりません。

 

また、男女とも10代後半に大きくなり、老年になると小さくなります。
そのため、ワキガは若い人に多いです。

 

ワキガと汗臭いの違いは?

上にあるように、ワキガはアクポリン汗腺から出る汗が原因です。
その他の汗は、エクリン腺という汗腺から出ます。

 

ワキガと汗臭いの違いは、汗が分泌される汗腺の違いにより、汗の成分が違うことによります。

 

エクリン汗腺はほぼ全身に存在しており、分泌される汗はほとんどが水分です。
塩分を含んでいて、さらっとしています。
この汗と皮脂が混ざり合い、そこに雑菌が繁殖するとこによって汗臭さが発生します。

 

一方、ワキガの原因となる汗はアポクリン汗腺から分泌されます。
この汗は、脂質やタンパク質が多く含まれ、やや粘り気があします。
栄養分が多いため雑菌が繁殖しやすく、発酵することで独特のニオイを発します。

 

わきがの臭いの場所は?

わきがの臭いを発する場所は、アポクリン汗腺がある場所です。
脇や耳の中、おへそ、乳首の乳輪や性器、肛門の回りなど体の一部に集中してあります。

 

 

自分でわきがをチェックする方法

わきがを自分でチェックする方法はいくつかあります。

 

1.臭いを嗅ぐこと。
わきがの臭いには個人差がありますが、チーズの臭いとかツーンとした臭いなど独特の臭いと言われます。
また、体調や食事によっても変わります。

 

2.耳垢の質を確かめること。
耳垢は乾燥している人と湿っている人がいますよ。
耳垢が湿っている人は、アクポリン汗腺の働きが活発でワキガの可能性が高いです。

 

3.衣服や下着の脇が黄ばむ
アポクリン汗腺からでる汗は黄色や茶色がかかっているので、汗シミで黄ばむことがあります。

 

4.両親がワキガ体質
遺伝によるワキガの影響は3割程度と言われています。

 

5.脇汗が多い
脇の下のアクポリン腺が多く、活発に働いていると汗の量が増えます。
汗に粘り気があるが場合は、ワキガの可能性があります。

 

6.肉食中心
肉や乳製品の動物性脂肪は、アクポリン腺や被支援の働きを活発にします。

 

 

ワキガが臭わない方法は?

ワキガ体質の人でも毎日臭うわけではありません。臭わない日もあります。
臭いは食べ物やその日の体調でも変化するからです。

 

ワキガの原因となるアクポリン汗腺からの汗もかいた直後は臭いません。
そのため、ワキガを防ぐにはこまめに汗を拭いて、発酵させないことが大切です。

 

制汗剤を使う場合には、スプレータイプものよりも、抗菌殺菌作用が強く、皮膚に直接塗れるロールオンタイプのほうが効果があります。